楽しく片付けよう

Mar 16, 2016

子供たちは遊びの時間を楽しみにしています。でも片付けとなると話は別です。みんな「片付け」より「散らかす」のが大得意です!でも、ご心配なく。片付けをもっと楽しくする方法はあります。お子様たちにおもちゃを拾い上げ、片付けるのも遊ぶのと同じぐらい楽しいということを教えてあげてください。 

他にも、片付けのレッスンは健康的かつ楽しく幼児の活動エネルギーを使わせることができます。身体的な発達を支援して、粗大と微細両方の運動機能および運動神経を作り上げることができます。 

さまざまな年齢のお子様が楽しく片づけをできる 6 つのヒントをお読みください!

 

1.準備をします

片付けが簡単だったら、もっと楽しくなります。お子様のお部屋または遊び場を、片付けが簡単になるように準備します。組立ブロックなどの大量の細かな部品からなるおもちゃを収納したり、色分けして物を整理するための透明な引き出しや整理ケースを使います。収納用の箱や再利用可能な袋でも、お子様がおもちゃをまとめて入れられるものであれば、構いません。 

 

2.雰囲気づくり

あなたが退屈そうだったら、お子様も退屈だと感じることでしょう。楽しそうな態度で片付けをする見本を見せましょう。そうすることで、お子様が片づけをしていても、遊びの続きだと感じることができます! 

 

3.タイマーをセット

「どれだけ早く片付けられるかな?」一定時間以内にすべてのおもちゃを片付けるように、一緒に取り組みます。または、何か音楽を掛けて、終わるまでにすべてのおもちゃを片付けられるか挑戦してみます。

 

4.競争をする

10 分間で、お子様とお片付けレースをします。ご両親は台所を片付け、お子様はおもちゃを片付けます。どちらが早く片付けられるか競争です!

 

5.マッチングゲーム

片付けを「マッチングゲーム」にしてみましょう。ご兄弟または遊び友達と競いあって、誰が一番早くおもちゃを色や種類で分類できるかやってみます。正しくおもちゃを片付けられた子にはボーナスポイントを与えます。 

 

6.大きなおもちゃを使って小さなおもちゃを片付ける

お片付けワゴンなど、片付けを念頭に置き設計されているおもちゃがあります。このカラフルなワゴンを押して小さなブロックを拾い集めるのをお子様たちは大好きです。回収したブロックが透明な区画に回転しながら入っていく様子に興奮します!

 

一般的なワゴンやダンプカーや掘削機といったおもちゃの車両を使ってお子様が家の中を歩いて、落ちているおもちゃを拾い、車の収納部分に集めるのも一つのアイデアです!